投稿日:

フェチ仲間をアブノーマル掲示板で探す|メルパラ攻略法

女_足_スーツ

メルパラで同じフェチを持った女の子

出会い系サイトのメルパラのアブノーマル掲示板で出会った女の子が自分と同じフェチを持った女の子だった。そのフェチとは聖水だ。聖水は非常に興奮を覚えるため、メルパラで知り合うことになった24歳の女の子におしっこを飲ませてもらった。フェチが一緒だったこともあって、サイト内ではすぐに連絡先を交換。待ち合わせ場所は難波駅にした。こうした変わった女性を攻略するには信頼感が大事だから、遅刻は厳禁だ。

難波駅で会い、最初は近くのイタリアンレストランで食事を。そこのパスタがすごくおいしくて最高だった。食事を終えるとホテルへ直行。いよいよ彼女のおしっこを飲ませてもらうときが来たのだ。その興奮は今でも鮮明に覚えていて、少し苦くて濃かったのだが、それが一層興奮した。若い女子のおしっこは最高だ。女の子もノリノリでおしっこを全身にかけてくれたり飲ませてくれたので、かなり興奮できる日になった。

攻略法をシェアしておくと、出会い系サイトのアブノーマル掲示板でフェチがある女性はなかなか自分の性癖を出さずに隠すことが多い。だからサイトのプロフや掲示板でちらっとお試し程度に利用している人は本当にフェチがあるとは考えにくい。大抵の場合はアブノーマル掲示板で抽象的な事を書いて募集している事が多い。メルパラではアブノーマル掲示板は年上の女性からのお誘いが多いが、毎回チェックしておくことは攻略につながっていくだろう。

匂いフェチどおしの出会い系体験

出会い系サイトのアブノーマル掲示板には性癖がマッチするととてもいいパートナーを探せるが、最近だとメルパラは若い子もマニアックな子も多く楽しめている。最近出会った女性は匂いフェチだということで、実際にデートをしてから次の回には三日間下着を履きっぱなしにする約束をしたという変態っぷりである。

実際に会ってみるとかなりお互いに我慢できないようであり、横浜の公園で夜の散歩ついでにトイレでお互いの脱いだ下着を嗅ぎまわりながら手マンと手コキの相互プレイをした。そののちには二人とも我慢できずホテルへ直行し、お互いの匂いを嗅ぎまわりながらなめまわしプレイを一時間ほどしたあと、夏の汗だくセックスを堪能した。プレイ後にシャワーをしたくなるのだが、お互いに匂いフェチなのでしばらく方針してそのまま一晩を過ごした。メルパラは出会い系でもレベルの高いフェチ系女性もいるのでぜひ頑張ってほしい。

メルパラの攻略法でフェチに関しては変態的な性癖を自分から暴露するという点だろう。どの程度のフェチにもよるが、女性は相手男性から言ってくれた方が安心することが多いし、信頼を勝ち取りやすい。しかし引かれてしまっては本末転倒なためジャブから打っていく事が大切だ。