投稿日:

サクラを避けて女性と知り合った体験談|メルパラ攻略法

サクラ_植物_空_風景01

何におていもサクラは良いものではない。メルパラを攻略するにはその存在が日常化してるサクラを何よりも避けなければいけない。

ターゲットを絞ってサクラを避けたら女性会員とメールができた

出会い系サイトのメルパラに登録して以来、何度メールを送っても空振りを続けてしまっていた。その原因を自分なりに分析したのだが、どうやらサクラを見抜けなかったことと、俺が高望みをしすぎていたことが問題だったようだ。20代前半までの若い女性を狙い続けてしまっていたし、容姿にも拘り過ぎていた。可愛い女の子と出会えるに越したことはないが、結局出会えなければ何の意味もない。それに可愛い子はサクラの可能性もある。仕方がなく理想を下げる事に決めた。

俺が取った簡単なメルパラの攻略法は、人気の無さそうな女性会員にターゲットを絞ってメールを送るというものだった。即ち、お世辞にも美人とは言えない女性だったり、そもそも顔写真の登録をしていない女性だ。年齢も20代後半から同年代の女性を狙った。メルパラでももちろんブスなサクラはいない。すると途端に返信を貰える確率が上がり、数人の女性とメールをすることが出来るようになったのだ。

男性から見た、出会い系サイト

異性への興味は誰にだってあるだろう。

私も学生の頃などは、女性に困るような容姿ではなかったが、今となっては仕事の関係で、山の上で生活している。休みの日は高速道路を飛ばして都会に出て買い物をしたり、外食をするわけである。住んでいる場所が場所なため、女性との出会いはほとんどない。そんなときに、メルパラを見つけた為、登録してみた。3つほど試してみたが、一番大切なのは口コミをみること。サクラがたくさんいるサイトもあるのだ。

私が失敗したのは、メールのやり取りをするのに、ポイントが必要で、そのポイントは課金して購入しないといけない。

メルパラで、やけに女の子からたくさんメールが来るなと思い、まぁ、良いことだと言うことでポイントを購入して返事していたのだか、その相手は全部サクラだったのだ。同じようなことや、会話が続くようなことしか返してきません。むしろサクラとしてネットで挙げられていたアイコン画像がそのまま使われていたのだ。
しかし、サイトによってはサクラがすくなく、本当に出会えるサイトもあったため、まずはどこサイトが安全か、自分の求めている人物像がいるか、など大切である。